2017年06月19日

ADリッチクリームの5つの理由と効果【値段も安心】

1回出来てしまうと強烈な痒みを帯びて直りが遅くそして見た目も赤くて「ガサガサ」してきます。 乾燥すると痒みが増しますが適当な保湿ケア製品を使うとつけた時は落ち着きますが、皮膚がアレルギー反応を起こす事で悪化も有ります。

アトピーの保湿に専用のADリッチクリーム7日間トラアルなら500円と値段も安心です!!
⇒ トライアルなど詳しくはコチラの公式サイトから


①デリケートな肌を考えて
ADリッチクリームは、刺激の強いボディーソープなどに含まれる「石油系合成界面活性剤」や「パラベン」「フェノキシエタノール」など防腐剤を使っていません。

だから肌の弱い小さなお子様でも安心して使用する事が出来ます。

②pH(水素イオン濃度)バランスもしっかり意識
ADリッチクリームが高評価を得られてる理由の1つは、アトピーの症状を軽くすることだけに特化していない事です。

アトピーを治したい気持ちは「綺麗な肌を手に入れたい」からです。 ADリッチクリームはpH(水素イオン濃度)のバランスも考えられて作られています。美しい肌の為に弱酸性をキープできるようにしています。

③「抗体配合」なんとダチョウの卵黄エキス
アトピーの原因は本来体に害が無いとされている物に対し免疫が過剰に反応した結果です。 ADリッチクリームの抗体配合ダチョウ卵黄エキスは、この乱れた免疫の過剰反応を抑える効果があるとされ荒れた肌表面を安定させていきます。

④肌再生能力を最大限に引き出す!!
美しい肌はケア製品によって作る出されるのでは無く、作られた新しい肌が、古い肌を押しのけて表面意出事によって作られています。 この「新陳代謝」をADリッチクリームは最大限に発揮できるように考えて作られています。

⑤肌の表面と皮膚の下をしっかり保湿
アトピー肌は乾燥すると、痒くなりやすく、雑菌の侵入を許しやすくします。 気になる部分をしっかい保湿できるADリッチクリームなら、時間のかかるアトピーケアを続ける事が出来ます。

辛いアトピーも「ADリッチクリーム」なら楽になれる
値段も安心のトライアルでしっかりお試し

⇒ 詳しくはこちらの公式サイトから







posted by ADリッチクリーム at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ADリッチクリームの値段や効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

辛いアトピーを少しでも改善する方法

アトピーはアレルギーの一種です。 皮膚に付着した物に対して体が異常反応して間違った対応をしてしまうのです。免疫が過剰に反応してすぐに「抗体」を作ってしまうから、赤くなり、ガサガサして、めちゃくちゃ痒くなります。

痒さが我慢できず掻いてしまうと皮膚を傷つけてアトピーは悪化の一途をたどって行きます。皮膚に刺激を与えずに痒くても掻かない事を続けれれば、症状は軽くなっていきます。

入浴時に石鹸を使わない
石鹸やボディーソープって古くなった皮膚表面を剥す為の物です。 健康な肌なら全く問題ないですが、アトピーや真っ赤に焼けた肌などに石鹸やボディーソープを使うのは良くないです。皮膚が弱ってる所に石鹸類を使うのは、肌をいじめる結果となります。

そして無理に擦らず皮膚を労わって自らの新陳代謝に任せましょう。

オイルで肌バリア、保湿クリームはアトピー専用で
アトピー肌は乾燥すると、敏感になります。 痒くなりやすく、何かに触れると真っ赤に反応したりもします。

保湿によるバリアが必要です
しかし美白用の化粧水や保湿クリームを安易に使用してしますと、皮膚に悪影響を及ぼす事も有るので、保湿クリームはアトピー専用の物かホホバオイルなどを安心できるものをしようして、皮膚表面が乾燥しない様に心が下ましょう

熱いシャワーは気持ちが良いです
アトピー肌はとても痒くなって、物凄く掻きたくなるけど掻くと確実に悪化するので我慢したいです。 しかしこれがメチャクチャ辛くて一生懸命我慢したとしても睡眠無意識に掻いてしまたりなどです。

アトピーの痒み対策で良いのが、シャワーです!!

ネットで調べると、やってはいけないとされていますが「熱めのシャワー」を痒い所に充てると本当に気持ち良いです。掻くより気持ちいいです。 痒さが我慢できない時はやって見てください。

温度は自分で調節して見てください。

我慢できない痒さは本当に「地獄」の様です。 「掻くのを我慢しろ」と言われても到底無理ですなレベル(汗)

掻いてしまい自分の肌を傷つけるくらいなら熱いシャワーの方が何倍も皮膚に優しいです。



【ADリッチクリーム】



posted by ADリッチクリーム at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アトピーケアで気を付けること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アトピーは掻かなければ治る【分ってるけど出来ない】

アトピーは掻くと悪化し続けます。それは自分の爪で傷を付けてるからです。 傷を付ける事で新たな「雑菌」などの侵入を許してしまい、アトピーは繰り返されてしまいます。

だからアトピーが酷い人や子さんなどは、いたる所を掻き毟って本当に全身痛々しい状態になっています。

掻かなければアトピーの症状が小さくなる事は「みんな」知っています。 でもその場の痒さが強烈だから我慢できないのです。 我慢する方法は無いのだろうか?

食べるもので気を付ける事など
アトピーの人は、基本アレルギー体質の人が多いので、食べたらアレルギー反応を起こしてしまう食材の事は絶対に知ってきましょう。

一般的にアルコール類は血流を良くして皮膚が痒くなりやすくなってきます、刺激のある香辛料も同等に痒みを促すらしいです。

糖分や脂肪分も痒みを悪化させるらしいので好きな食べ物です、糖質や脂肪量には気を付けよう。

肌に刺激のない素材で痒みから守る
「ウール」などは肌にチクチク感を与えます。 普通の人は問題有りませんが、アトピーの人は、このトクチクが過敏な免疫反応を巻き起こしてしまう事が有ります。 刺激のある肌触りの物は着ない様にしましょう。

肌の刺激を抑えるとされているのが「鉄フタロシアニンテトラカルボン酸」と言う成分で染色した衣類は荒れた肌に良いそうです。 下着を選ぶときは鉄フタロシアニンテトラカルボン酸染色の物は絶対おススメでしょう♪
普段気を付けても睡眠中無意識に掻きむしってしまう人は多いいですから。

入浴時はお湯の温度とタオルに気を配る
暖かい湯に長く入ってると血行が良くなりアルコールを飲んだときの様に血行から痒み出やすくなります。そのためサワー使って熱くないお湯で流す感じが良いです。

タオルの選び方も重要です。アトピー肌は潤いが無くなって乾燥すると、雑菌が侵入しやすくなり、結果痒くなりやすくもなります。 体洗いは肌を傷つけないソフトなタオルをは選ぶ様にして、しっかり泡立てた石鹸を使い優しく肌を洗っていきます。 これだけで痒みを沢山防ぐことができます。



【ADリッチクリーム】




posted by ADリッチクリーム at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アトピーケアで気を付けること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

アトピー肌解決ADリッチクリームは本物の【保湿力】

アトピーの肌に関するさまざまな悩み
お肌のガザガザだけじゃ無く見た目も気になる(透明感ある美白肌になりたい)
潤いに気を配りケアしてるつもりが、睡眠中かいてしまったりしてる
色々調べて薬を買って試したりしたけど「かゆみ」「がさつき」に良い効果がでない
上手に隠せる化粧品や、化粧法を知りたい

アトピートラブルが改善しないのは保湿不足
アトピーなど肌にトラブルを起してしまうと、治ってくれません。 治りが遅い理由はトラブル起すと「角質」に影響し、固く肌の表面をおおってしまい、「保湿」が行き届かなくなります。 そのため表面だけ保湿しても内部に行き届かないので、治りません。

スクラブでこする事で、その時はキレイになった感が有りますが、一見きれなどで無理に角質をこすり落とそうとしても、結果表面の見た目だけで、返って肌を荒れさせてしまいます。 アトピー肌は「肌を刺戟せず」「保湿を保つ」しか有りません。


かゆみくなる原因は菌の増殖です
何かに触れた訳でも無いのに、肌は固くかゆくなるのでしょう?

肌の変化は、肌質が「アルカリ性」に変化してしまう事から始まります。アルカリ性に成る事で、黄色ブドウ球菌という菌が増殖します。

黄色ブドウ球菌は「かゆみの元」普段から放出してるので、増殖すると放出量も激増します。

ADリッチクリームで落ち着かす
ADリッチクリームは、アトピー肌などのトラブルに対し持前の保湿力でケアして行きます。

医療の場で使われてる「無添加オーガニック」処方に拘って、「顔」だけじゃなくデリケートな部分を含む全身に使える肌ケアクリームです。

肌の奥底に浸み込み保湿を保つ事で、かゆみを抑えアトピーなど問題肌を正常な状態に近づけていきます。

⇒ ADリッチクリーム詳しくはこちらの公式サイトから






posted by ADリッチクリーム at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ADリッチクリームの値段や効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アトピーの原因と「かゆくなる理由」

アトピーになりやすい人はこんな人
「花粉症」気味だったり「アレルギー性鼻炎」の人そして「気管支喘息」や「結膜炎」などを患ってる人はアトピーになりやすく、自分の家族の中に「花粉症」などアレルギーのある人が居てもアトピーになりやすいです。

アトピーになっていく順番は
①肌の保湿低下から皮膚のバリア(防御機能)が低くなる事から始まっていきます。 皮膚のバリアが低くなると外部からの異物が混入しやすくなります。

②免疫システムが過剰に反応してしまう
皮膚のバリア力低下から異物が混入しやすくなると、それを除去するためにの免疫システムが忙しくなります。 免疫は混入した異物を抗原として認識し排除するために「抗体」つくり出します。 その抗体が外部から侵入してきた異物に「くっつく事」で無力化し排除となるのですが、免疫システムが過剰に頑張り過ぎると体に無害な物に対しても「抗体」作り始めてしまってしまいます。

この様な状態が「アレルギー反応」でアトピーもアレルギーの一種なのです。

アトピー肌でかゆくなる理由は?
①空気の乾燥が原因で、かゆく反応
春先など空気が乾燥すると皮膚も乾燥してきます。 肌ケアをおろそかにしてると保湿によるバリア機能を弱めてしまいます。

すると当然外部からの刺激を受けやすくなるので「かゆみ」が発生しやすくなります。

②暑さで汗かくと、雑菌が
暑くなって気温が上昇すると誰でも汗をかきます。 汗は水分なので「ある意味」潤いも有って一見保湿効果があるので、かゆみを防いでくれますが、汗かいたままにして置くと、肌が不潔になってします。雑菌増えて肌に悪影響になってしまいます。

③ストレスや不規則な生活から
精神的なストレスや不規則な生活から疲れてくると、ホルモンバランスが崩れ始めます。 そういう時ってアレルギー反応が起こりやすくなります。

④肌への刺激も馬鹿にならない
アトピー持ちで免疫の反応が強い人は、ちょっとした肌への刺激だけでもアレルギー反応をしめしてかゆくなってしまいます。

⑤食べたものからアレルギー反応
アトピーがある人は、別のアレルギーを持っている事があります。 食べた物の中に免疫反応してしまう物があると、全身が強烈に「かゆく」なる事が有ります。

「アルコール」や「強い香辛料」などの刺激物、あとは「卵」や「蟹」や「海老」などの甲殻類でアレルギー反応を起こす事が有ります。




デリケートな肌をしっかり保湿【ADリッチクリーム】



posted by ADリッチクリーム at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アトピーケアで気を付けること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする